仕事

仕事記事一覧

会議で注意するスティンザー効果

【スティンザー効果とは】スティンザーという研究者が見つけた会議などの集団行動でみられる現象です。【会議で注意することは】スティンザー効果で見られる現象・以前に口論した相手がいる時は、正面に座る傾向がある・発言が終わった後、次に発言する人は反対意見である傾向がある・リーダーシップが弱い時は、私語は向か...

≫続きを読む

意味処理優位性効果

【意味処理優位性効果とは】意味処理優位性効果とは、性格の特性と顔の印象を関連付ける効果のことをいいます。意味処理優位性効果によって顔が覚えてもらいやすくなることがあります。【意味処理優位性効果の事例】頑固で怖い人というイメージを聞いて、思い出そうとしていた人の顔が思い出せることなどが意味処理優位性効...

≫続きを読む

孤立効果

【孤立効果とは】孤立効果とは、特徴のある顔の場合その特徴の印象が強くきおくされやすくなる効果を言います。孤立効果によって顔が覚えてもらいやすくなることがあります。【孤立効果の事例】右の目の下に大きなほくろがあるなど特徴がある顔で誰なのかを覚えてもらいやすいようなことが孤立効果として挙げられます。

≫続きを読む

情報の洪水に飲み込まれると

【過剰負荷環境】情報が多すぎて処理できないような環境を過剰負荷環境といいます。このような環境に対応するために現実の生活から逃避しようとする意識が働きます。【過剰負荷環境にある人のタイプ】過剰負荷環境にある人には次のようなタイプがあります。・相手との接触時間をできるだけ少なくしようとする。・重要でない...

≫続きを読む

リーダーシップのタイプは

【PM理論】リーダーシップの機能には目標達成機能(P)と集団維持機能(M)があるという理論です。【リーダーのタイプには】P型タイプ : 仕事中心で猛烈なタイプM型タイプ : 楽しく遊び中心のタイプPM型タイプ : 仕事も家庭も大切にするタイプpm型タイプ : 仕事はほどほどに社外活動に熱心なタイプ

≫続きを読む

知能と創造性の関係

【知能と創造性の関係】知能とは知識を基にしてその答えを導き出そうとすることで、創造性とはある事柄から新しいものを作り出していくことだと言われています。知能は問題解決に役立ち、創造性は物事を飛躍させるのに役立ちます。尚、知能と創造性は特に関係はないので、知能が高い人が創造性も豊かだとは限りません。【創...

≫続きを読む

ストレスはなぜ起きる

【ストレスのしくみ】外からの働きかけの影響(ストレッサー)に反応して、心身の変化を起こす(ストレス反応)ようになっています。同じストレッサーに対しても、人によってストレス反応は違ってきます。ストレスが生じるとストレス反応が起き、ホルモン分泌に異常を起こすようになってしまいます。その結果、疲れや、イラ...

≫続きを読む

AIDMAの法則

【AIDMAの法則とは】人が何かを買ったり、人を説得する時の過程を示した法則です。A(注意、接触)→I(興味、注目)→D(欲求、理解)→M(記憶、承諾)→A(行動、決定)【人を説得するためのテクニック】自分と同じ意見の人に対しては、プラス面を重点的にアピールして、自分と意見が異なる人に対しては予めマ...

≫続きを読む

自己イメージをアップさせるには

【セルフプレゼンテーション】意識的、無意識に限らず、相手が持つ自分のイメージを操作しようとすることをセルフプレゼンテーションといいます。相手の心理をついてうまく情報発信をしていくやり方です。【セルフプレゼンテーションの事例】初対面の相手に対して自分の好きなことばかり話すのではなく、相手が興味のありそ...

≫続きを読む

モデリング

【モデリングとは】モデリングとは、自分の周りの誰かを真似しながら学習していくことを言います。身近な親や、尊敬する人、成功している人の真似をしていくことで、その人と同じような思考、行動になっていくように学習することです。【モデリングの事例】子供のしつけには、まず親がやって見せたり、先生が模範となること...

≫続きを読む