コーチング

コーチング記事一覧

チャンキング

【チャンキングとは】チャンキングとは、数字などをあるきまった区切りで覚える記憶法です。3〜7のかたまりで覚えることが効果があるとチャンキングでは言われています。。【チャンキングの事例】電話番号を覚えるのに、市外局番などを4桁のかたまりにして表しているのもチャンキングから来ています。

≫続きを読む

選択肢を持つ

【選択肢をも持たせる重要性】選択はYES、NOのどちらかだけでなく、もう一つ以上、つまり3つ以上の選択肢を持たせることで違った発想、視野が広げることができます。【具体的な選択肢を持たせる質問】・もう少し時間があったらどんなことが他にできただろう?・どちらかだけでなく、両方をやってみる方法はないだろう...

≫続きを読む

質問のポイント(5W1H)

【5W1Hとは】具体的なことについて質問する時には5W1Hの観点で聞くとポイントがつかめます。いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように【行動を起こすために役立つ質問】これからのことを考えていくためには、「何をどうのよう」という点に焦点を当てると、未来について考えられるような質問の形になります。

≫続きを読む

やる気を高めるには

【やる気とは】心理学者のマレーはやる気を起こす要因として次のようなことが挙げられると言っています。・難しいことを成し遂げること・自分の力でできるようになること・レベルが高くなること・競争に勝つこと・自尊心を高めること【やる気を高めていくためには】やる気を高めるためには、周りから指示や強制されて行動を...

≫続きを読む

チャンクダウンとチャンクアップ

【チャンクダウンとチャンクアップ】チャンクダウンとチャンクアップはコーチングでの代表的なスキルです。チャンクダウン ・・・ もっと細かい塊にする、つまりより具体的に考えることを言います。チャンクアップ ・・・ あまり細かく聞かずに、より発想が自由に出てきます。【チャンクダウンの必要性】漠然とした抽象...

≫続きを読む

効果的な質問の仕方は

【2つの質問の仕方】質問の仕方には2通りの聞き方があります。オープンクエスチョン ・・・ 自由な形で応えられる質問です。クローズドクエスチョン ・・ YES/Noで応えられる質問です。質問することで考え、行動に繋げるにはオープンクエスチョンで聞くのが効果的です。【オープンクエスチョンの聞き方】オープ...

≫続きを読む

チャンクをスライドさせる

【チャンクのレベルとは】考え方のレベルにはどの程度の見方をするかでビッグチャンク、ミドルチャンク、スモールチャンクのレベルに分けることができます。状況に応じて、チャンクレベルを変え行動に幅を持たせることも必要です。【チャンクレベルの事例】ビッグチャンク ・・・ 大きな表し方。例えば、仕事が辛い、楽し...

≫続きを読む