感情的にならない受け答え

感情的にならない受け答え

【感情的にならない受け答え】

 

一般的に自己主張する場合には、相手のことを考えずに自分勝手な攻撃的な主張か、自分をおさえて衝突を避けようとして相手のことを優先しすぎてしまう受身的な主張になってしまいがちです。どちらでもなく相手を尊重した上で自己主張するやり方がアサーティブというやり方です。

 

そのためには自己主張をする際に起こりがちな感情的な衝突をしないようにすることが大切になりますが、そのためのテクニックとして次のようなことがあります。

 

・相手から言われたことを直ぐに否定しない、反撃しない、防衛的にならない
・否定的なことを言われたら、逆に詳しく質問をすることで学ぶ姿勢を示す
・自分のミスについては認め、繰り返し自分で口にする

 

このようなことを心がけると感情的にならず冷静な態度をとれるようになってきます。



電話占いなら全国どこからでも悩みを相談できます