勉強

勉強記事一覧

知能指数(IQ)

【知能指数とは】知能指数は、精神年齢/生活年齢で表されます。知能指数は子供の発達を数値化したもので頭が良いか、悪いかの見るものではありません。【知能指数の事例】10才の子供が10才の子供が答えられる平均的な問題を答えることができた場合は、IQ=100(標準)ということになります。。

≫続きを読む

物語構成法

【物語構成法とは】物語構成法とは、覚えなければいけないことを物語りのようにして覚える方法です。人間の記憶力の良し悪しは本来差がなく、物語構成法のような方法で物覚えの良い人は記憶を高めています。【物語構成法の事例】歌の歌詞を覚える時に、その情景やストーリーをイメージしながら覚えたりすることが物語構成法...

≫続きを読む

数の止め釘法

【数の止め釘法とは】数の止め釘法とは、覚えなければいけないことを1から10の数字に関連付けて覚える方法です。数の止め釘法は関連付けることで覚える学習法です。【数の止め釘法の事例】1は石田、2は西島、3は佐藤というように数字と事柄を関連付けていくのが数の止め釘法として挙げられます。

≫続きを読む

場所法

【場所法とは】場所法とは、覚えなければいけないことを馴染みのある場所と関連付けて記憶する方法です。その場所を思い出すだけで記憶が再生されやすくなるのが場所法という記憶術です。【場所法の事例】教室の中の様子を思い出すことで、室内に張ってあることを覚えるなどが場所法の例として挙げられます。。

≫続きを読む

感覚貯蔵の記憶

【感覚貯蔵の記憶とは】見たまま、聞いたままをそのまま記憶として保存することが感覚貯蔵の記憶です。とにかく何でも感覚として残るものを感覚貯蔵しますが、そのかわり特別なことがなければ直ぐに忘れていく記憶です。【感覚貯蔵の記憶の事例】暖かければ暖かい、痛ければ痛いというように感じたそのままを記憶にとどめる...

≫続きを読む

学習行動のメカニズム

【学習行動のメカニズムとは】何度も同じことをやることによって、そこから学習し、自然と条件反射のようにできるようになるメカニズムがありますそうすることで、無意識の内にある特定の行動ができるようになってきます。逆にマイナスのことを何度も繰り返すと、自然とやる気がなくなり無気力になってしまいます。【行動力...

≫続きを読む

ごろ合わせ

【ごろ合わせとは】ごろ合わせとは、覚えなければいけないことを数字の読み方に合わせて覚える方法です。年号や電話番号などを覚える時など、ごろ合わせはよく使われます。【ごろ合わせの事例】いいくにつくろうかまくらばくふ(1192年)など年号を覚えるのにごろ合わせは使われます。

≫続きを読む

自分ができないことを正当化する

【自分に嘘をついて納得させる】自分ができないことを正当化することで、自分自身を納得させ、傷つかないようにしてしまうことがあります。本来はやりたかったはずなのに、できない言い訳として嘘をついてしまいます。【すっぱいブドウの理論】イソップの話で、きつねがおいしそうなブドウを取ろうとしてジャンプをしても取...

≫続きを読む