選択肢を持つ

選択肢を持つ

【選択肢をも持たせる重要性】

 

選択はYES、NOのどちらかだけでなく、もう一つ以上、つまり3つ以上の選択肢を持たせることで違った発想、視野が広げることができます。

 

 

【具体的な選択肢を持たせる質問】

 

・もう少し時間があったらどんなことが他にできただろう?
・どちらかだけでなく、両方をやってみる方法はないだろうか?



電話占いなら全国どこからでも悩みを相談できます