記憶錯誤

記憶錯誤

【記憶錯誤とは】

 

記憶錯誤とは、誤って起きたことを記憶していたり、連想してしまったりする記憶です。記憶錯誤には先入観や偏見で物事を見てしまう場合に起きてしまうことがあります。

 

 

【記憶錯誤の事例】

 

事件の起きた現場にいた人を思い出す時に、人相や服装がよくない人がいたと誤って記憶してしまうことなどが記憶錯誤の例として挙げられます。



電話占いなら全国どこからでも悩みを相談できます